株式会社 東光ホールディングス
TOKOグループ 高い生産性 広い社会性 深い人間性
ホーム >> ニュースリリース

ニュースリリース

『東光グループ』 2017.3.30
東京営業所を開設

東京・新富町に東光鉄工㈱、東光コンピュータ・サービス㈱の東京営業所を開設しました。所在地は東京都中央区新富一丁目3-9東光ビル7階でワンフロアを共同オフィスとしました。

『東光鉄工・UAV事業部』 2017.2.13
大館市・旧雪沢小学校をドローンで利活用

大館市の旧雪沢小学校を農業用ドローンの製造、教習を行う施設として利活用する計画を発表しました。校舎の一部と運動場、体育館を借り、現在の本社から生産拠点を移す計画で本年5月からの営業開始をめざしています。

『東光鉄工・UAV事業部』 2017.1.19
JAXA ドローン農薬散布精度を調査

農林水産航空協会と宇宙航空研究開発機構(JAXA)の立ち会いのもと、大館市二井田の畑で農薬散布用ドローンの実証実験を行いました。弊社を含め15人の関係者が集まり、ドローンを時速15kmと20kmで20m往復し、21カ所の調査点で正確に散布されたかどうかの性能調査を実施しました。

『東光鉄工・ドーム事業部』 2016.11.22
佐藤良晴さん、南極観測隊に2年連続で参加

第58次南極地域観測隊員の佐藤良晴さん(東光鉄工・ドーム事業部所属)が、2年連続となる南極昭和基地への出発にあたり大館市長を訪問しました。挨拶のなかで佐藤さんは「安全第一で、全員無事に帰って来られるよう、頑張りつつも楽しんできたい」と意気込みを語りました。

『東光鉄工・ドーム事業部』 2016.10.18
TOKOドーム 防災シェルター開発

火山の噴火による災害を想定したTOKO防災シェルターを発表しました。厚さ2.3ミリの大型デッキプレートを独自の技術でアーチ状に曲げて組み合わせたTOKOドームの技術を応用した製品で、今後は防衛大学校(神奈川県横須賀市)と共同で部材の衝撃試験を実施する予定です。

『東光グループ』 2016.9.17
親睦会イベント 東光グループ運動会

大館樹海ドームにて東光グループ社員親睦会による運動会を開催しました。第27回となる運動会は、グループ社員と家族、OB会が参加し6チームに分かれて14の競技を行いました。終了後は部門毎に分かれて昼食パーティを行いました。

『東光鉄工・UAV事業部』 2016.7.21
農薬散布用ドローン 東北・北海道初の認定

東光鉄工UAV事業部が開発した農薬散布用ドローンが、農林水産航空協会より国内4機目、東北・北海道地区で初となる認定を受けました。認定を受けたドローンはTSV-AQ1で、幅143cm、高さ68cmで1回の充電で13分ほどの飛行が可能。8リットルの液剤タンクで1ヘクタールの散布が可能です。

『東光鉄工・UAV事業部』 2016.6.29
「ドローン特区」仙北市と連携協定を締結

東光鉄工と仙北市による「近未来技術に関する連携協定」の締結式が仙北市役所田沢湖庁舎で行われました。秋田県内で唯一、ドローンの開発を行う弊社は、ドローン特区に指定されている仙北市の近未来技術の発展、振興への取り組みをバックアップしていきます。

『東光鉄工・UAV事業部』 2016.6.24
農林水産業ドローン研究開発コンソーシアム会合

東光鉄工と千葉大学、秋田高専、秋田職業能力開発短期大学校、東光コンピュータ・サービスや秋田、青森の両県の関係者で構成されるコンソーシアムの第1回会合が東光鉄工本社で開催されました。小型無人機ドローンと制御技術を融合し、精密農業に役立てるツールの実用化を目的とし全6回の会合を行います。

『東光鉄工・東光ホールディングス』 2016.6.8
東光鉄工本社・釈迦内工場で花壇整備

東光鉄工、東光ホールディングスの社員約25 名が参加し、本社釈迦内工場前の国道7 号沿いの花壇にマリーゴールドやベゴニアなど400株を植栽いたしました。地域社会貢献活動の一環で平成19年から実施し、25年には道路愛護団体として能代河川国道事務所長表彰を受けています。

『東光鉄工』 2016.4.28
秋田県などへドローン22台寄贈

東光鉄工株式会社が、災害時の行方不明者捜索などに活用してもらおうと秋田県と県内全13消防本部に対しドローン22台を寄贈いたしました。ドローンは県総合防災課、県内の全8地域振興局と各消防本部に1台ずつ配備される予定です。