ホーム >> ニュースリリース

ニュースリリース

冬休み無料プログラミング体験教室を開催します

東光コンピュータ・サービスでは、小学3年生から中学2年生程度を対象に、12月22日~1月13日の期間中に無料プログラミング教室を開始します。各回10組の予約制でハックアカデミー会場で行います。お申込みはWEBにて。

TBS「がっちりマンデー!!」で紹介されます

TBS「応援!日本経済 がっちりマンデー!!」において、当社のドーム事業部が紹介されます。放映予定は12月23日です。

第9回高機能フィルム展へ出展

東光鉄工㈱精密事業部にて12月5日(水)~7日(金)幕張メッセで開催される第9回高機能フィルム展に出展します。富士商工マシナリー株式会社様との共同出展によりフィルム成形におけるプレス金型を紹介します。

高坂匡史さん第60次南極地域観測隊へ参加

第60次南極地域観測隊の夏隊に参加するインフラ鉄構事業部の高坂匡史さんが11月14日、福原淳嗣大館市長を訪れ、出発に向けて意気込みを語りました。12月から来年2月まで設営部門の建築・土木担当として風力発電建設工事や通信アンテナ解体工事などに従事し、『南極での仕事は長年の夢だった。けがのないようチームで作業に臨み、無事に帰ってきたい』と意気込みを語りました。

第21回大館圏域産業祭へ出展

10月27日、28日に大館樹海ドームで行われた大館圏域産業祭へ出展しました。自社製品のカーポートや農業用ドローンを展示したほか南極観測隊員の展示コーナーは子供連れの家族に人気でした。

国際次世代農業EXPOへ出展

10月10日~12日に幕張メッセを会場に行われた第6回国際次世代農業EXPOへUAV事業部の農業用ドローンを出展しました。3日間で2万5千人が来場するなか、新型の農薬散布用ドローンをはじめ完全自動航行を可能とする次世代機を参考出展し注目を集めました。

「平成30年北海道胆振東部地震」に対する義援金について

 9月6日に発生した「平成30年北海道胆振東部地震」により被災された方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。
 東光グループ各社ならびに社員一同は、被災された皆様と被災地支援のための義援金として、日本赤十字社を通じて30万円を寄付いたしましたのでお知らせします。
 お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災地の一日も早い復興を祈念しております。

グループ合同親睦会イベントを開催

大館樹海ドームにて第29回東光グループ大運動会を開催いたしました。グループ社員、家族、OB会など約300名が参加し、たくさんの競技やパーティを通じて交流を楽しみました。

「平成30年7月豪雨」に対する義援金について

 このたびの西日本を中心とした「平成30年7月豪雨」により被災された方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。
 東光グループ各社ならびに社員一同は、被災された皆様と被災地支援のための義援金として、日本赤十字社を通じて30万円を寄付いたしましたのでお知らせします。
 お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災地の一日も早い復興を祈念しております。

第1回社内技術交流会を開催

東光鉄工にて各部の設計担当者27名による第1回技術交流会を開催いたしました。秋田工業高等専門学校の櫻田陽准教授による講義や、産業機械事業部によるCAE解析ソフトの活用などについて勉強会を行いました。

ドローン活用で北秋田市と防災協定を締結

東光ホールディングスは北秋田市と小型無人機ドローンを活用した災害支援協定を締結いたしました。これにより大館市、鹿角市、北秋田市の3市に対して支援活動を行うことになります。

TCS消火訓練

東光コンピュータ・サービス本社にて避難訓練と消火訓練などを行いました。社員の家族も参加しAEDの使用方法や消火器の使い方などを学び終了後は納涼パーティを行いました。

橋梁の清掃ボランティアを実施

本宮工場にあるインフラ鉄構事業、工事事業部、ドーム事業部の社員17名により、大館市内の田中橋と新真中橋の清掃ボランティアを行いました。

国道花壇整備ボランティア

東光鉄工、東光ホールディングスの社員約25名が参加し、国道7号線沿いの花壇を整備しマリーゴールドなどを植栽しました。地域貢献活動の一環として平成19年から毎年行っています。

鹿角市と防災協定を締結

東光ホールディングスは鹿角市と小型無人機ドローンを活用した災害支援活動に向け協定を締結いたしました。自然災害時の被害状況の把握や救助物資の輸送等における技術的な支援を行います。

大館市と防災協定を締結

東光ホールディングスは小型無人機ドローンを活用した災害支援活動に向け大館市と「災害時等における無人航空機を活用した支援活動等に関する協定」を締結しました。

平成30年度経営方針発表会

大館市民文化会館中ホールで第40回目となる東光グループ経営方針発表会を開催しました。今年のスローガンは「チャレンジ80最終年、グループ総力で結果を出そう」を掲げグループ各社の方針を発表しました。

農薬散布に新型ドローンを発表

農薬散布用の小型無人機ドローンの新機種TSV-AH2を発表しました。新型機は総重量24.2kg、液剤タンク10リットルで1回の飛行で1.25haに散布でき、追加オプションの取り付けで自動航行も可能となります。